icon_onlinestore icon_instagram icon_facebook icon_search

TOPICS

CATEGORY

ARCHIVE

「めがねのまちさばえ」鯖江はメガネの産地です!

 
「日本製」の製品は、品質が良いもの、というイメージが高い人は多いのではないでしょうか?
 
自国の国で作られていると思うとなんだか安心してしまいますよね。
 
 
メガネでも日本製のものは人気があります。海外の方にも、日本製のメガネは好評です。
 
 
そんな「日本製のメガネ」ですが、日本で作られているメガネのうち、なんと9割が福井県の鯖江で作られています!鯖江は有名なメガネの産地なのです。メガネをお好きな方だと、ご存知の方も多いかもしれませんね。
 
ポーカーフェイスでお取扱いさせていただいているブランドも、鯖江に工場があるところが多く、昨年、福井県に大雪が降った時には交通の便が乱れ、物流がストップしてしまい、メガネ業界はあたふた、、、なんてこともございました。
 
鯖江駅前はこのようオブジェもたてられております!
 

 
今回はこの「鯖江産のメガネ」について少しご紹介。
 
1番の特徴は《手作業がほとんど》ということ。
機械化が進む世の中で、多くの工程を、多くの人が関わって1本のメガネが出来上がります。
 
 
簡単に工程のご紹介です。
内形・外形を各型に沿って裁断を行う。
 
 
 
中にチップの入ったバレルを回し、つや出しをする。
大きなバレルが回転することにより、中のチップがフレームとぶつかり合い、つやが出ます。回転が終わると、手作業で中からメガネを宝探しのようにピックアップします。
 
 
丁番の埋め込みや、パーツの組み立てを行う。
ここでテンプルの制作も行う。穴をあけ、金属パーツを入れ、ピンを入れる穴をあけ、ピンを入れる、、こちらでの工程はかなり多いです。
 
手作業で磨きをかける。
メガネの表面を磨く、時間のかかる作業なので、人手の多いエリアです。
 
 
そして一つ一つを検品します。
 
 
※写真は金子眼鏡様より頂いたものです 
 
 
 
写真で見て取れるように、メガネ作りは1点1点「人の手」で作られているのです。
鯖江では、眼鏡を作り続ける職人さんがたくさんいらっしゃいます!伝統を継承している日本の大切にしたい文化とも言えますね。
ポーカーフェイスではこのように鯖江でメガネ作りをしている職人さんブランドもお取扱いしています。
 
 
ぜひみなさま「鯖江のメガネ」に注目してみてくださいね!
 
 
 
 

「POKER FACE ISSUE065」フリーペーパー製作中!

 
POKER FACEでは年2回、店頭で配布するフリーペーパーを製作しております!
(以前こちらのコラムでも少しご紹介させていただきました)
 
 先日、最新の「ISSUE 065」の撮影に行ってまいりました!
 
 
少しだけ撮影の様子を公開します!
 
都内の、可愛らしいロケーションです。
 
 
今回のレディースモデルさん。
清楚でとってもかわいい子。表情豊かで、メガネもばっちり似合っていました!
 
 
メンズモデルさん!屋外でも撮影しました。
知的でセットアップがお似合いです。
スタイルの良さがさすがです、、!
 
 
 
 
 
クランクアップ後に貴重なピースショット!!
撮影ショットはクールな表情が多いですが、とてもチャーミングなおふたりでした。
朝早くからありがとうございました!
 
たくさんのスタッフのみなさまにご協力いただき、無事に撮影は終了いたしました。感謝です。
アイテムは、各ブランドの最新モデルを中心にセレクト。
 
ご紹介できるのはほんの一部ですが、メガネ選びを楽しむために、ファッションを楽しむ皆様に、ぜひ見ていただきたいものばかりです!
 
11月下旬に店頭に並ぶ予定で制作を進めております。
 
お楽しみに!!!

めがねのカタログについて

およそ年2回でポーカーフェイスが定期刊行しているフリーペーパー。実は1998年のISSUE001から最新の064まで、アーカイブを保存しています。
 
こちらは1998年から2000年ごろ001から006。
その時代、時代のファッションシーンに登場するアイウェアを皆さまにご紹介するフリーペーパー。
当時の流行を垣間見ることができます。
こちらはここ数年から最新064まで。
ファッションとしてのアイウェアの役割は変わらずですが、こうして見ると時代の流れがわかって面白いですね。
さて、そんなフリーペーパーですが、1冊が出来上がるまでに、MDなどポーカーフェイス社内スタッフはもちろん、素晴らしいアイウェアを製造しているメーカーの方、AD、カメラマン、PR、スタイリスト、モデルなど・・・制作には毎回優れたクリエイターの方たちにご協力を頂いています。
アイウェアの展示会シーズンからわずか1ヶ月ほどという制作期間ですが、デザイナーさんのアイディアやスタイリストさん、カメラマンさんのセンスに驚かされることが多々あり、まさに「プロの仕事」を目の当たりにします。
 
 
そうして出来たフリーペーパーをデザインの見本誌に掲載いただきました。
「親切な商品案内のデザイン」
沢山の素敵なカタログが紹介されています。デザインにご興味のある方はぜひ見てみてください。
 
有難いことに、毎回楽しみにしていただいているお客様もいらっしゃいますので、これからもアイウェアのファッションをフリーペーパーを通してご提案していきます。次回は2018年11月頃を予定しています。詳細についてはいずれご紹介いたします。

めがねのお手入れについて

毎日使うめがね。
快適に、長くお使いいただくためのメンテナンスや使い方のコツをお伝えします。
 
まずは何気なく行なう動作、めがねの掛け外し。
片手で掛けたり外したりを行なうと、テンプル(ツル)の片方だけに負荷が掛かってしまいフレームの歪み・型崩れの原因になりますので、両手でテンプルの左右を持って行ないましょう。
眼鏡フレームやレンズの拭き方にもちょっとしたコツがあります。
 
 
フレームやレンズを拭くときは、拭くほうのレンズの外側を持って専用の布を使って優しく拭きましょう。
このとき、レンズにホコリが付いたまま「から拭き」をすると傷の原因になってしまうので水洗いするか、専用のレンズクリーナーを使うと良いでしょう。レンズが水に濡れたままだと水やけ・シミの原因になるのでティッシュなどで水分を拭き取ってから布拭きしてください。
 
 
 
 
 
 
 

 ↑ メンテナンスグッズも展開しているワンスリーがレンズクリーナーの使い方動画を公開しています。分かりやすいのでぜひ参考にして下さいね。
 
 
 
つい、ポケットや鞄にそのまま入れて移動・・・なんてことはありませんか?フレームやレンズへの傷、型崩れを防ぐためにも使っていないときや、持ち運ぶ時にはケースに入れてください。
 
・・・
・・・
 
 
ご自分で拭いても綺麗にならないほどフレームが変色してしまった・・・
鼻パッドやネジが取れてしまった・・・
などなど、めがねに関するお困りごとがあればお近くのポーカーフェイスまでお越しください。
 
ポーカーフェイスでは2018年8月31日まで、メンテナンスのキャンペーンを行なっています。
詳しくはコチラをご覧ください。