icon_onlinestore icon_instagram icon_facebook icon_search

TOPICS

CATEGORY

ARCHIVE

999.9フェア開催中!「NPM-90シリーズ」のご紹介!

 
 
 
 
 
昨日よりポーカーフェイス全店で始まりました、999.9(フォーナインズ)フェア!
 
 
フォーナインズは、「掛けやすい」「壊れにくい」「調整しやすい」という道具としての機能を満たすための設計と、他のアイウェアにはないフォーナインズ独自の機構が、妥協のないもの造りの精神とともにプロダクトの一つひとつに込められています。
 
 
 
各シリーズにクローズアップし、その掛けやすさの秘密をご紹介いたします。
 
 
 
>>第1回「NPM-87」はこちらからご覧ください
 
 
 
 
2020年新作コレクションより、『NPM-90シリーズ』です。
 
フォーナインズにおける新次元のコンビネーションスタイル。頭部を包み込む感覚を追求した掛け心地と、洗練された美しさを両立したフレームです。
 
 
 
 
・智元オリジナルパーツ
 
プラスチックフロントの智元に切削を入れ、一段落とした位置に存在感のあるメタルパーツを組み込んでいます。フロントに対して前面と側面の接地面を広く持たせて固定することにより、強度を高めています。
 
メタルパーツには縁取りが施され、インクジェットを用いた立体的な装飾を施しています。異素材の融合により、豊かな表情と存在感を高めています。装飾はフレームカラーに合わせて異なる色付けがされています。
 
 
 
 
・逆Rヒンジ
 
フォーナインズの代表的な機構である「逆Rヒンジ」を採用。逆Rヒンジがバネのような役割を果たし、テンプルの可動域が広がり、頭を包み込むようなフィット感を実現します。
 
この「NPM-90シリーズ」では、逆Rヒンジを限りなくフロントの近くに配置することで、眼鏡の掛け外しの際にかかる負荷に対して最小限の動きでテンプルの可動域を確保できます。
 
逆Rヒンジは、フォーンナインズフレームの掛けやすさにつながる重要なパーツのひとつです。
 
 
 
 
・鼻パッド
 
 
オリジナルのクリングスパーツは、きめ細やかな調整を可能とし、掛ける人にとって最適な掛け心地を作ります。
 
フロントの裏面を切削してフラットにして、クリングスパーツを固定。プラスチックフレームの印象を損なうことなく、フロントの立体的な表情と、安定感のある強度を両立しています。
 
 
 
 
>>次回は「S-380T」をご紹介いたします!