TOPICS 最新ニュース

カラーレンズでカスタムサングラスを作ろう!

今年の夏は自分だけのサングラスを作ってみませんか?

 

201606_color01.jpg

 

5月に入って夏のような日差しを感じる日も増えてきました。夏はもうすぐそこまで来ています。

ポーカーフェイスでは、この季節欠かせないアイテム、サングラスを多数取り揃えていますが、

眼鏡店ならではの提案として、カラーレンズを使ったカスタムサングラスをご提案いたします。

 

おすすめは、クラシックフレームに淡いレンズカラーの組み合わせ。涼やかで知的な雰囲気です。

 

201606_color02.jpg

 

度付レンズでも、ダテレンズでも、お好きなカラーをお作りいたします。※

夏のアウトドアやドライブをもっと快適に過ごしませんか?

 

201606_color03.jpg

今だけのスペシャル!

フレームと度付レンズをポーカーフェイスでお求めのいただくと、カラーオプション代無料です。

※レンズの種類によっては出来ないカラーもございます。

※その他の割引との併用はできません。

 

 

OAKLEY LATCH POKER FACE LIMITED

lachi_logo.jpg

フレッシュでユニーク、これまでにないライフスタイルアイウェアLatch(ラッチ)がオークリーから登場。

latch01.jpg

Latch を開発するにあたり、Eric Koston, Sean Malto, Curren Caples といったトップ

アスリートである彼らの、ひらめきやアイデアを採用しました。Latch は独創的なスケートの
 
世界観や彼らのスタイルからインスパイアされた、スタイリッシュでユニークな新商品です。
 
キーホールブリッジに、ボストンシェイプというスタンダードなデザインのLatchには

実は特別な機構があります。

 

室内でスケートをしたり、日が陰ってきたらサングラスはどこかにしまっておきたいですよね?
 
そんな時にLatch(かけ止め)を開いてT シャツの首元にクリップしておくことができます。
 
 
そのLatchから、ポーカーフェイスだけに入荷の限定カラーが登場します。
 
OAKLEY LATCH POKER FACE LIMITED
 
3色 各18,000円 +税
 
5月20日(金)発売

latch02.jpg

 

latch03.jpg

ポーカーフェイスの限定カラーは、スモーククリアやホワイトのフレームに、

ミラーレンズを合わせたトレンド色の強いカラーリングです。

OALATCHPF01.jpg

OALATCHPF02.jpg

OALATCHPF03.jpg

 

 

 

 

latch07.jpg

 

 

 

OAKLEY FROGSKINS カスタムイベント!

OAKLEY FROGSKINS CUSTOM ORDER

AT SHIBUYA  POKER FACE

5/20fri→6/5sun

オークリーの人気サングラス「フロッグスキン」のカスタムオーダーイベントを渋谷店で

5月20日(金) 17時30分から緊急開催いたします!

shibuya_oce01.jpg

 

豊富なカラーのフロントパーツやレンズをチョイスして、自分だけのサングラスにカスタムしてみませんか?

特別にパーツサンプルをご用意しましたので、出来上がりのイメージを実感していただけます。

shibuya_oce.jpg

shibuya_oce02.jpg

作り方は簡単!

1. フロントパーツのカラーを選ぶ

2. ステムカラーを選ぶ

3. レンズの種類 / カラーを選ぶ

4. ご希望により左レンズの左下部分にレーザーエッチングでアルファベットを入れられます。(15文字まで)

frogskins_oce_howto.jpg

パーツの在庫状況にもよりますが、オーダー完了から1週間ほどでお渡しができます。

価格はお選びになるレンズの種類によって3パターン。

  NON IRIDIUM → 16,000円+税

  IRIDIUM(ミラーレンズ)→17,000円+税

  POLARIZED(偏光レンズ)→22000円+税

レーザーエッチングはプラス3,000円+税で承ります。

 

【ATTENTION】

5月20日(金)は渋谷パルコ「HUMAN MAGIC PARTY」開催のため

17:00で一旦クローズ、

17:30から再入場していただけます。

17:30からのご入店にはINVITATIONが必要になります。

INVITATIONはこちらのサイトから

 

 

 

恵那眼鏡2nd COLLECTION

眼鏡は体をあらわす、恵那眼鏡工業が提案する"男の眼鏡”

美術家と建築家からインスパイアされた、セカンドコレクションが登場。

201605enalloid2nd01.jpg

クリエイティブディレクター・梶原 由景氏をプロデューサーに迎え、昨年11月にデビューを果たした恵那眼鏡。

ブランドのコンセプトに“The man with the glasses”を掲げ、眼鏡をかけているアイコニックな男性と愛用の
 
眼鏡に着目。顔の一部となった眼鏡が、その人自身を物語り、歴史に刻まれてきたことを再考しながら、
エッセンシャルな眼鏡のデザインを恵那眼鏡工業の技術力によってアップデートをしました。
第二弾となるコレクションでは、美術家や建築家が愛用する眼鏡にアプローチ。これまでのコンセプトを
踏襲しながらも、作品の色使いからもインスパイアされ、計4つのシリーズを発売。
ファーストコレクションに引き続き、アートワークは下田法晴氏(SILENT POETS/sfd-studio2)が
担当しています。
 
 
 
201605enalloid2nd02.jpg
DH01 26,000円+税
1990年代に頭角を現した「ヤング・ブリティッシュ・アーティスト」。その一人であるコンテンポラリー
アーティストがイメージソース。スクエアなスタンダードなフレームに仕上がった。
展開カラーは作品群からインスパイア。
 
201605enalloid2nd03.jpg
KH01 フレーム 26,000円+税  サングラス 27,000円+税
1980年代にニューヨークの地下鉄で落書きをはじめ、ストリートアートの先駆者と呼ばれた
アーティストがイメージソース。構造に関しては、第一弾でも好評だったオリジナル蝶番を採用。
サングラスと眼鏡の二種類を展開。
 
 
 
 
201605enalloid2nd04.jpg
 
 
 
MR series フレーム 30,000円+税  サングラス 31,000円+税
抽象表現主義の代表的な画家、その作品群からインスパイア。メタルパーツはアンティーク色に
することで落ち着いた印象に。鎧部にはアセテートと同色のカラーリングを施すなど、
立体的且つ上質感を演出している。
 
201605enalloid2nd05.jpg
FOG series 33,000円+税
建築の慣習を覆し、様々な問題提起を行ってきた現代を代表する建築家がイメージソース。
アセテートとチタンのコンビネーションで知的さを醸し出す。フロントのブリッチ部をはじめ、
オリジナルで開発した機能的なパーツが光る。3型展開。
 
 

ayame別注カラー

ブランド創立以来、時代感を反映させたシェイプと国内の手作業によって仕上げられた品質のバランスで

アイウェア業界内でもファンの多いブランド「ayame」(アヤメ)。

2016AWモデルとして発表され瞬く間に品薄となった業界初オールメタルのモデル “GMS”より、

ポーカーフェイス別注カラー「ホワイトゴールド」が登場します。

 

 

160516_gms_6.jpg

 

GMS WG ¥38,000+税

 

従来の華やかな「イエローゴールド」「シルバー」とは一線を画す、肌なじみの良いカラー。

この主張しすぎることのない「ありそうでなかった」カラーリングは、

ファッションの一部としてアイウェアを楽しむようなポーカーフェイスのお客様におあつらえ向きの1本です。

 

 

160516_gms_4.jpg

 

 

ノーズパッドからブリッジにかけて全て一体となっており、まさにミニマルを体現化したようなモデル

同時に発売された「MANRAY」と比べ、スクエアシェイプのこちらのモデルは

サイズ感も抑えられており、すっきりとかけていただけます。

 

 

160516_gms_1.jpg

 

 

5月19日(木)より、ポーカーフェイス取り扱い店舗にて、数量限定で発売開始。

少量のみの入荷となっておりますので、気になる方はお早めにお問い合わせください。

 

 

取り扱い店舗

池袋店 / 渋谷店 / 名古屋店 / 仙台パルコ店 / 札幌店 / 福岡パルコ店 / ルクア大阪店 / なんば店

トーキョートラディション コレド室町3店 /  キョートトラディション 京都寺町路面店