BLOG スタッフブログ

川崎店

川崎店

神奈川県川崎市幸区堀川町72-1
ラゾーナ川崎 plaza WEST 4F

044-874-8282

営業時間:10:00~21:00


Map

    リニューアルに伴う休業のお知らせ

    いつもポーカーフェイス川崎店をご利用いただき、

    そしてブログを読んでいただき、誠に有難うございます。

     

    8/23(木)をもちまして、2Fのお店は営業を終了いたします。

    誠に勝手ながら、リニューアルまでの期間、休業する運びとなりました。

     

    営業再開は、10月中旬にラゾーナ川崎4Fにて予定しております。

     

    長期間の休業となり、日頃からご愛顧いただいているお客様には

    大変ご迷惑をおかけいたします。

    パワーアップして帰ってまいりますので、

    生まれ変わったポーカーフェイス川崎店に、どうぞご期待下さい。

     

    アフターサービスやお問い合わせは、全国のポーカーフェイスにて

    承りますが、"どうしても川崎店がいいから待つ!"という方、

    私たちはあなたの来店を心待ちにしています。

     

    それではまた。

    ナポリを見て死ね

    ナポリの風景を見ずに死んでしまっては、生きていた甲斐がない。

    ナポリ湾一帯の美しさを強調した、イタリアのことわざ。

     

    と、調べると出てきますが、僕が思うに、ことわざはもっと

    広い範囲で喩えられる事を指すものです。

     

    "弘法も筆の誤り"や、

    "河童の川流れ"が、

    どんな上級者、名人にも失敗はあるよ。

    だったり、

    "猫に小判"

    "豚に真珠"が、

    貴重なものを与えても、本人には価値が分からない。

    のように、

    ことわざとは普遍的に起こりうる状況を、固有名詞を使って

    喩えたものであるはずだと思うんです。

     

    ですが、"ナポリを見て死ね"は、そのままズバリです。

    ナポリはメチャクチャ綺麗だぜ!と・・・なんじゃそら!

    固有名詞を使って、固有名詞の説明をしちゃってます。

    こんなの、ことわざでもなんでもなく、感想です。

    ことわざですよ?

    諺は、言技ですよ?

    技?ないない!

     

    ですが、ここまでけなしといてですが、

    この言葉、好きなんですよね。

     

    ナポリの美しさに打ちのめされる感受性があり、

    その素晴らしさを他のみんなと分かち合いたいと願いながら、

    死ねと突き放す、究極のツンデレ。

    ラブ&ピースならぬ、

    ラブ&デス。

     

    しかし逆に言えば、ナポリを見るために生きようぜ!

    とも取れる。

    このことわざを作った人はロマンチストなアウトローに

    間違いありません。

    直球すぎて、やたら響きます。

     

    でもこんな直球なら、俺も作れるぜ!

     

     

    オリバーピープルズとオリバーゴールドスミス。

     

    共に、世界を代表するオプティカルブランド。

     

     

    【オリバーピープルズ(米)】

    デビューした1986年から業界に衝撃を与え続け、

    ハリウッドセレブやミュージシャンなど、

    多くの著名人に愛用される。

    ヴィンテージの持つ繊細さとバランスの良さを現代の技術で

    蘇らせ、より完成度の高いメガネを目指す。

    モダンヴィンテージからスタリッシュヴィンテージへ、

    古き良き時代と現代の融合がブランドコンセプト。

     

    【オリバーゴールドスミス(英)】

    初代オリバー・ゴールドスミスがイギリス国内のオプティシャンへ

    1本1本丹念に手作りした鼈甲フレームを提供し始めたのが

    1926年。第二次世界大戦中は英軍の指定業者として

    メガネを提供し、戦後は二代目オリバー・ゴールドスミスによる

    先進、先鋭的なデザイン、カラーのサングラスが一大ブームを

    巻き起こし、ヨーロッパにおけるサングラスの代名詞となる。

     

     

    ふたつのオリバー、身内でもなければ師弟でもなく、

    国も違えばコンセプトも違う。

    まったくもって関係性はなし。

     

    共通しているのはただひとつ、素晴らしいという事。

     

    モノづくりに注がれる情熱。

    時代に左右されない価値。

    ファッションアイコンとしての歴史が培ったプライド。

     

    枚挙に暇がないのは、製品に触れた人間誰しもを

    納得させずにはいられない。

     

     

    120809jedd.JPG

    オリバーピープルズ JEDD 362/HRN ¥32,550

    120809mita.JPG

     

     

    120809must.JPG

    オリバーゴールドスミス MUST  Light Wine ¥31,500

    120809sugihara.JPG

     

     

    メガネ、サングラスにこだわっているなら。

     

    ほんの少しでも、アイウェアに興味がわいてきたなら。

     

     

    オリバーを見て死ね。

     

     

     

    以上、三田でした。

     

     

     

  • ISSUE063
  • tws
  • STAFF募集中
  • ONLINE STORE