BLOG スタッフブログ

新潟店

新潟店

新潟市中央区八千代2-1-2
万代シティビルボードプレイス3F

025-240-4678

営業時間:11:00~20:00(土・日・祝日は10:00~20:00)


Map

    あえてのシルバー。

    こんにちは。小林です。

     

    今日はこれといって入荷がありません。

     

    なのでブログの内容をどうしようか悩みましたが、タイトル通り本日は「あえてのシルバー」。

     

    もともとシルバー系の眼鏡をお使いの方は「あえてじゃないし!」とおっしゃるかと思いますが、実際接客していてよく聞かれるのが「ギラギラが好きじゃない」・「インテリぽっく見えるのがイヤ!」などマイナスイメージばかりです。

    しかも、女子ウケがイマイチな所もイイ印象を持たない理由かと思います。(←女性から「その眼鏡イヤっ」みたい事を言われたらブルーな気分になりますよねぇ。。。)

     

     

    しかし!

    その中でもこれならいけるのではないかと思うフレームを4点紹介します。

     

     

    まずは、

     

    niigata_20141030_01.JPG

    JAPONISM(ジャポニスム) JN-547 col.01 ¥38,000+税

     

    ブロータイプのフレームです。艶のあるシルバーだけでなくフロント正面はシャーリング加工がしてありマットなカラーとなっているのでギラギラし過ぎるのを抑えてくれます。また、テンプルはセル手になっているので程よいカジュアル感を演出し、堅いイメージを和らげてくれます。

     

     

    続きまして、

     

    niigata_20141030_02.JPG

    IC!BERLIN(アイシーベルリン) alwin c col.chrome ¥43,000+税

     

    スクエアタイプの艶ありシルバー。・・・「だからぁ!これがアカンよっ!」と言われそうな紹介ですが、シートメタルなので掛けた時の軽さがあり、小振りなサイズなのでスッキリ掛けることができ嫌な印象を与えません。むしろ「出来る男」のイメージを全面に出す!という選択もありかなと思います。

     

    そして、

     

    niigata_20141030_03.JPG

    OAKLEY(オークリー) OX3184-0452(TINCUP) ¥27,000+税

     

    急にテイストを変えてみました。スポーツ用のイメージが強いオークリーですが、普段用としても使えるフレームもリリースしています。カラーは全体を艶なしに仕上げていますので、艶がダメという方にはオススメです。

    このようなカラーは他ブランドからも多数リリースされていますが、今日はこちらの気分でした。カジュアルに合わせるのではなく、スーツスタイルなどに取り入れて掛けこなすのもアリだと思います。

     

     

    最後に、

     

    niigata_20141030_04.JPG

    COMPLETE WORKS(コンプリートワークス) WD07 col.SV ¥20,000+税

     

     コンプリートワークスの新作からブロウタイプのフレームです。テンプルには天然の木を使用したタイプで異素材の組み合わせによりメタルフレームの堅いイメージを和らげてくれます。

     

     

    こんな感じで主観的な考えのチョイスになりますので面白みはないかもしれませんがご了承ください。m(__)m

     

    10月もあっという間に終わりそうですが、新潟店は毎日元気に営業しております!

     

    皆様のご来店お待ちしております。

     

     

    展示会リポート②

    こんにちは。

     

    今日は冷えますね。薄着で来てしまい若干後悔しています。小林です。

     

    本日は前回のブログの続きです。(今更感は否めませんが。。。)

     

    ayameの展示会後は、「EnaLloid」(エナロイド)の展示会へ行ってきました。

     

    niigata_20141027_02.jpg

     

    こちらはイギリスの老舗ブランド「OLIVER GOLD SMITH」(オリバーゴールドスミス)も一緒でしたが、今回はサングラスのみとなりますのでエナロイドだけを紹介します。

     

     

    niigata_20141027_01.jpg

     

    セルとメタルのコンビモデルやセル枠のウェリントン・ボストンタイプなど、デザインやサイズから女性にオススメなモデルが多かったです。

     

    niigata_20141027_04.jpg

     

    この辺りはシンプルですが非常にオススメです。

     

    niigata_20141027_03.jpg

     

    はい。素敵です。

     

     

    続いては、「PROPO DESIGN」(プロポデザイン)の展示会へ移動。

     

    niigata_20141027_05.jpgのサムネール画像

     

    ブランド設立15周年ということで、限定モデルがあったり新作も今までのデザインとは違った雰囲気のモデルが多くとても良かったです。

     

    写真を載せると収拾がつかなくなりそうなので、気になる方には個別でお見せします。

    気軽にお声掛け下さい。

     

     

    最後は「NATIVE SONS」(ネイティブサンズ)の展示会へ行ってきました。

     

    niigata_20141027_06.jpg

     

    niigata_20141027_07.jpg

     

    かなりパンチのあるデザインでした。クセは強いですが、はまる人には相当はまるデザインかと思います。

     

    niigata_20141027_08.jpg

     

    個人的にも掛けましたが、凄かったです。。。。

     

     

     

    以上ザックリとしていますが展示会の様子でした!

     

    もっとここのブランドが知りたい!や、写真を見たい!という方がいましたら気軽にスタッフまで言って下さい。私小林に聞いていただければ、分かる範囲で詳しく説明します。

     

    また各ブランド新作に関しては11月からのデリバリー予定となっておりますので、いち早く新作が見たい方はこまめに店頭やブログなどをチェックすることをオススメします。

     

    それでは皆様のご来店お待ちしております!

     

     

    展示会リポート①

    こんにちは。

    昨日無事に帰還しました。小林です。

     

    昨日のブログでもUPされていたように今回の東京にて行われました各ブランドの新作展示会へは私が参加させていただきまして、21日(火)・22日(水)の2日間がっちりと新作などを見てきました。

     

    なかなかのハードスケジュールでしたので、多少の疲労感もありますが早速展示会の様子をお伝えしようと思います。

     

    初日は、昨日UPされていた「TOM FORD」(トムフォード)をTOC有明にて見たあとはビックサイトのIOFT会場へ移動し、「JAPONISM」(ジャポニスム)のブースを見ました。

    その後会場内でも一段と盛り上がっていましたハウスブランドの代表格「999,9」(フォーナインズ)のブースへ移動。

    毎年新作の発表時期はメディアへの露出が増え、店舗にても問い合わせが多くなりますので気合いを入れていってきたのですが、、、、、、

     

    まさかの写真を取り忘れるという失態を犯してしまい、UPできる画像がありません。。。(汗

    すみません!!!(汗

     

    しかし!

     

    今回はすでに全モデル・全カラーバリエーションが見れるカタログができていて、こちらは持ち帰ってきていますので(汗 

    いち早く新作が見たいという方はスタッフまでお声掛け下さい。

     

     

    その後はIOFT会場を後にして、汐留へ移動。

     

    ホテルの会場内にてアメリカの老舗ブランド「OLIVER PEOPLES」(オリバーピープルズ)の展示会がありましたのでお邪魔してきました。

     

    niigata_20141023_02.jpgのサムネール画像

     

    こちらはチタン製のボストンタイプ。

    テンプルにはベータチタンを採用しているので掛け心地も良好です。

    デザインや細かいデティールはさすがの一言。

     

    niigata_20141023_03.jpg

     

    こちらはアーカイブラインの復刻モデル。

    こちらも非常に良かったです。最初からカラーレンズ仕様のサングラスバージョンもありますが、別売りでのクリップもありますので個人的には同時購入がオススメです。

     

    niigata_20141023_04.jpg

     

    写真右のサングラスは皆さん絶賛しておりましたモデルです。(もちろん私もですが。)

     

    人気モデル「SHELDRAKE」(シェルドレイク)の限定カラーです。

    フレームカラーも通常と違い、フロントとテンプルがバイカラーになっていたり、レンズカラーも1980年代に使用されていたレンズカラーを復刻したスペシャルモデルです。

     

     

    初日のこの日は、もう1つ別の展示会場を回り終了しました。

     

     

    2日目は朝から青山で、現在圧倒的支持を得ている「ayame」(アヤメ)の展示会へ行ってきました。

     

    niigata_20141023_05.jpg

     

    おしゃれなギャラリーにて行われていた展示会は

     

    niigata_20141023_06.jpg

    来場者へその場で豆を挽いてコーヒーをサービスしていました。

     

    新作はというと、

     

     

    niigata_20141023_07.jpg

     

    シンプルなデザインのセルフレームですが、デザイナーの今泉氏は「今ayameから出せる最高のウェリントンデザインです。」とおっしゃっていました。

    お話しを聞いて、妥協を許さないモノづくりへの拘りを感じました。

     

    今回から新色も追加されていて、

    niigata_20141023_08.jpg

     

    あっという間に完売したモデル「SPIKE」にも新色が追加されていて、非常に良かったです。

     

     

    あまり長くなりすぎると飽きると思いますので、本日はこの位にしておきます。

     

    他にもまだまだ回ってきていますので、随時報告していきますね。

     

     

    それでは、また。

     

     

    新作展示会速報-0-0--

    こんにちわ。

     

    毎年この時期、眼鏡業界では新作展示会が東京で一斉に開催されます。

    トップ画像にもあります、ビッグサイトでの「IOFT」という集合展示会を中心に、各ブランド様がそれぞれ新作展示会を開催され、商品説明や商談を行ってくる訳です。

     

    私も毎年参加させていただいていましたが、今年は当店のスタッフ小林が初参戦です。

    留守番中、新潟店美野です。

     

    さてさて、小林が送ってきてくれた最新画像ですね。

    少しずつではありますがUPしていきます。

     

     

    niigata-20141022-01.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先ずはハイブランド「TOM FORD」(トムフォード)ですね。

    個人的にはセルのウエリントンかスクエアのフレームのイメージが強いブランドですが、1枚目からそれを覆されます笑

     

     

     

    niigata-20141022-02.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    黒、茶、べっ甲柄、といったベーシックカラー中心の流れが続いていますが、手前のフレームのような鮮やかなカラーリングが並んでいるのも気になります。。

     

     

     

    niigata-20141022-03.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これもやはり今までのTOM FORDっぽくはない感じのアプローチ。な、気がします個人的に。

    デザイン的な大枠の流れとしては、引き続きクラシック系が牽引しそうな感じですね。

     

     

     

    niigata-20141022-05.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    次にお邪魔させて頂いたのは「JAPONISM」(ジャポニスム)の会場のようです。

     

     

     

     

    niigata-20141022-06.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    あくまで私の主観ですが、、

    JAPONISM「らしい」カッティング、エッジ、流線、、

    カジュアルにはクラシックが良いですが、ビジネスでパリッと決めるならこういうシャープなフレームはやはり必須アイテム。

     

     

     

    niigata-20141022-07.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、こういった新しいアプローチや、、

     

     

     

     

    niigata-20141022-08.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こちらはアーカイブラインでしょうか?

    こんなのもあり、遊びゴコロを感じます。

     

     

     

     

    niigata-20141022-09.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    跳ね上げです。しかもクリップオンではなさそうな、、

    気になりますね。。

     

    小林から送られてくる画像を見ながら、やはりウズウズします笑

    このように数ある新作の中からセレクトを行い、実際に店頭に並ぶわけです。

    今から楽しみです!!

    毎年この時期には眼鏡で散財します、、笑

     

    まだまだ沢山撮ってきてくれているので、次回の更新も是非ご覧下さい!!

     

     

     

    ayame 「MARS」と「ED」

    こんにちは。

     

    一気に気温も下がり、着るものや身に着けるものも変わってきますね。

    いい歳になってきたこともあり、いわゆる「定番」的なものを買っているつもりではいるのですが。

    やっぱり毎シーズン、物欲は出てきますね。

    新潟店美野です。

     

    定番のワードローブに小物をちょい足しするだけでも、雰囲気は大きく変わります。

    近年では月並みな表現ではありますが(笑)

     

    ぐっと今っぽくなる2モデルを今日は紹介します。

     

     

    niigata-20141016-03.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    niigata-20141016-02.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ayame

    「MARS」  ¥30,000 +TAX

     

    シンプルな定番ウエリントン。ラインも細めでお顔型を選びません。

    取り入れ易い1本。

    太めのフレームを使っている方にも新鮮だと思います。

    ブランドは媒体露出も非常に多く、問い合わせも多い「ayame」(アヤメ)。

    「Hand Made in Japan」のトレンドだけではない確かな品質が、多くのファンを作っているブランドです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    niigata-20141016-04.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    niigata-20141016-05.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ayame

    「ED」  ¥30,000 +TAX

     

    より変化をつけるならこちら。

    繊細なラインのミニマムなメタルフレームですが、キャラ立ちのする1本。

     

    やはりこの手のメガネはON/OFFしっかり分けて使っていただくと非常に映えます。

    カジュアルダウンして合わせていただくのがオススメです。

     

    秋冬の買い足しアイテムとして、是非店頭でお試し下さい。

     

     

    皆様のご来店、お待ちしております。

     

     

     

     

     

     

  • ISSUE063
  • tws
  • STAFF募集中
  • ONLINE STORE